This site requires Javascript to be enabled to function correctly.

Nexenta Systemsの製品一覧

NexentaStor

スケールアップ型SDS
~ 標準ハードを用いたSAN/NASユニファイドストレージ ~

 

[機能/特徴]

  •  NSA/SANストレージ(SMB/NFS/iSCSI/FC)
  • 1システム当りの容量: 数TB~数PB
  • 用途: DB/メール、ファイル、仮想化、メディア、高速計算、バックアップ/アーカイブ
  • ターゲット: クラウド基盤やオンプレミス利用、または従来型ストレージの置き換え

[説明]
 NexentaStorは、DB/メール、仮想化基盤、アーカイブ、ファイルサービス、メディアから大規模計算まで、あらゆる企業ニーズに対応するストレージを、標準ハードウェアとの組み合わせで、リーズナブルな価格で構築可能です。最新の汎用x86サーバーは、高速なCPU、大容量RAMを搭載することができ、その高い信頼性を含めたコストパフォーマンスは年々高まっています。NexentaStorのSDSソリューションは、x86サーバーにインストールし、ディスクエンクロージャ(JBOD)との組合せによる自由なハードウェア設計が可能となります。大容量のDRAMベースのキャッシュやSSDによるハイブリッド構造、もしくはオールSSDフラッシュストレージによる超高速のRead/Write構成、低価格を実現するための大容量HDDを用いたHDDストレージなどを、ニーズに合わせたストレージの構築が可能です。また、エンタープライズレベルの性能と品質を確保するため、Dell, SuperMicro, Lenovo, HGST/SanDisk等のOEM/パッケージモデル(数十TB〜数PB)を提供し、ベンダー一括保守体制を提供しています。

製品ページ
NexentaEdge

スケールアウト型SDS
~ 標準ハードを用いたブロック/オブジェクト対応のスケールアウトストレージ ~

 

[機能/特徴]

  • オブジェクトストレージ(S3/SWIFT, iSCSI/NFS可能)
  • 1システム当りの容量: 数十TB~100PB以上
  • 用途: 非構造化データ(クラウドストレージ基盤, コンテナやOpenStackとの統合)
  • ターゲット: クラウド基盤/IaaS基盤としての新型ストレージ基盤(統合ストレージ基盤)

[説明]
 NexentaEdgeは、標準x86サーバーの内蔵ディスクを用いて実現するブロック・オブジェクト用のスケールアウト型SDSソリューションです。一般的なスケールアウト型ストレージとは異なり、データノード間の通信をIPv6マルチキャストベースのNexenta独自技術「Replicast」を用いることで、低レイテンシーなスケールアウトストレージを実現します。また、パフォーマンス劣化のないNexenta独自技術「Quick Erasure Coding」と「Cloud Copy on Write」を用いて、高速な圧縮/重複排除/スナップショット/Erasure Codingを実現します。S3/SWIFT対応のオブジェクトストレージとして、豊富なAPIを提供することで、次世代のストレージとして注目されるオブジェクトストレージとして利用可能です。標準x86サーバーを簡単に追加していくだけで、数百TB~100PB以上の規模の超大型ストレージ基盤に対応可能な次世代のスケールアウトシステムを提供します。

製品ページ
NexentaFusion

複数のストレージシステムの統合管理機能
~ 一つの管理UIからの統合管理と解析機能を提供 ~

 

[機能/特徴]

  • Nexenta SDS統合管理ツール*
  • 複数のNexentaStorシステムを一括管理
  • カスタマイズ可能なダッシュボート機能(障害監視、容量/性能モニタリング、過去分析機能)
  • Dell, Lenovo, Supermicro, HGST/SanDisk等、ハードウェア情報統合管理
     

[説明]
 NexentaFusionは、1つの統合UIで、複数のNexenta SDSシステム*の管理/運用/解析/監視を実行することができます。アラート監視設定から、過去の利用状況の履歴の表示など、新たなダッシュボード機能を組み込むことで、管理者に分かりやすいストレージの統合管理機能を提供します。また、ハードウェアの情報や状況まで監視可能なため、次世代のクラウド基盤において、専用のハードウェアやコンポーネントを用いることなく標準ハードウェアを用いた真のエンタープレイズレベルSDDC(Software Defined DataCenter)を実現することが可能となります。

*注意: 2017年時点では、複数のNexentaStorシステムを統合管理機能を提供しています。NexentaStor購入時に無償でバンドルされるツールとなります。

製品ページ